本文へ移動

悪夢の5回…福谷が突如乱調「一番苦しい場面で藤嶋に渡してしまった」と無死満塁での交代謝罪【中日】

2021年8月31日 21時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏、連打を浴びて降板する福谷

5回裏、連打を浴びて降板する福谷

◇31日 阪神5ー8中日(甲子園)
 中日先発の福谷浩司投手(30)が突如、トラ打線につかまった。5回先頭の糸原から3連打で1点目を失うと、投手・青柳の代打・糸井には四球、1番の近本に左前適時打を浴びて2点目を失ったところで降板した。「一番苦しい場面で藤嶋に渡してしまったのが、一番申し訳ないです」。無死満塁でスイッチした2番手・藤嶋は1死後、マルテに走者一掃の二塁打を打たれて同点に。福谷は4イニング3分の0投げて6安打5失点となった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ