本文へ移動

星野監督の言葉に涙…川上憲伸さん北京五輪の悔しさ語る 東京五輪の金メダルに「うらやましさはある」

2021年8月31日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
取材会に登壇した川上憲伸(左)と上田まりえ

取材会に登壇した川上憲伸(左)と上田まりえ

 中日ドラゴンズのエースとして活躍した本紙評論家の川上憲伸さん(46)が31日、東京・神田神保町の「日本出版クラブ」で、MCを務めるCS放送のプロ野球トークバラエティー新番組「俺プロ!~オレたちのプロ野球~」(10月28日スタート、隔週木曜深夜0時)の取材会にコンビを組むタレントの上田まりえ(34)と登壇。サヨナラ負けした2004年5月8日の阪神戦の秘話などを披露して笑わせた。
     ◇
 五輪の思い出を問われた川上さんは、4位に終わった2008年の北京大会を挙げ、「日本シリーズで負けても泣かなかったけど、オリンピックで、最後の試合でメダルが取れなくて。星野監督の『胸張って帰ろう。俺の責任だから』という言葉には涙が出た」。
 今回の東京五輪については「(北京では)アメリカ戦で僕がホームランを打たれて負けになったので、やっぱりうらやましさはあります。おめでとうの気持ちもありますけど…」と複雑な心境を語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ