本文へ移動

【巨人】吉川尚輝、プロ初・地元岐阜での試合の初打席で凱旋の4号ソロ 「思い切って打ちにいった」

2021年8月31日 18時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏巨人1死、吉川尚輝は中越えに勝ち越しソロを放ち「わっしょい、わっしょい」

1回裏巨人1死、吉川尚輝は中越えに勝ち越しソロを放ち「わっしょい、わっしょい」

◇31日 巨人―ヤクルト(岐阜)
 地元岐阜でプロ初の試合となった巨人・吉川尚輝内野手(26)が一時は勝ち越しとなる凱旋(がいせん)の4号ソロを放った。
 1―1の同点で迎えた初回、1死でヤクルト先発小川の144キロの直球をバックスクリーン左へ。高校、大学と7年間主戦場としていて「少し懐かしいというのと自然とワクワクした気持ち。しっかり感謝の気持ちを持ちながらやっていきたいと思う」と意気込んでいた球場で、いきなりの一発。「思い切って打ちにいった。お客さんの拍手だったり応援がすごかった。まだまだ援護したい」と喜んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ