本文へ移動

セ・リーグ3チームに首位の可能性…巨人ヤクルト直接対決引き分けなら阪神も

2021年8月31日 17時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神ー中日が行われる甲子園球場のビジョン

阪神ー中日が行われる甲子園球場のビジョン

 セ・リーグは31日の試合結果次第で、巨人、ヤクルト、阪神の3球団に首位の可能性がある大混戦となっている。
 試合前の勝率は、巨人5割7分5厘、ヤクルト5割7分3厘1毛、阪神5割7分2厘9毛。巨人とヤクルトは岐阜・長良川球場で直接対決のため、どちらかが勝てば首位となる。
 一方、巨人―ヤクルトが引き分けだった場合、阪神―中日(甲子園)で阪神が勝てば、勝率5割7分7厘となり、両チームをわずかながらかわし、首位復帰となる。果たして、勝負の行方は。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ