本文へ移動

“金”の入江聖奈「勝手にしてください。私は辞めます」とパリ目指す鬼頭茉衣に珍エール【ボクシング】

2021年8月31日 17時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲良しの入江聖奈の金メダルを手にし、パリ五輪での活躍を誓う鬼頭茉衣(本人提供)

仲良しの入江聖奈の金メダルを手にし、パリ五輪での活躍を誓う鬼頭茉衣(本人提供)

 東京五輪出場の夢を思わぬ形で断たれた悲運の女子ボクサーが、3年後のパリ五輪に視線を向けた。日本代表チームの主将も務めていたウエルター級の鬼頭茉衣(24)=中京大大学院=は新型コロナウイルス感染拡大のため世界最終予選が中止となり、出場がかなわなかった。東京五輪で競技生活を終える考えだったが、パリを目指して戦う決意をした。
     ◇
 鬼頭は金メダリストの入江聖奈(20)=日体大=と大の仲良し。五輪後に会った際には金メダルを見せてもらい、「めっちゃ重かったです」と感激した。パリ五輪で金メダルを取るという決意を伝えると、入江からは「勝手にしてください。私は辞めます」とあっけらかんとした返答が返ってきたそうだが、鬼頭は「フラットな感じなんです。本当に全然気を使わないんです」と笑った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ