本文へ移動

蒲郡の竹島パルク、年末で営業を終了 跡地利用は未定

2021年8月31日 05時00分 (8月31日 12時04分更新)
今年末で営業を終える土産物店街「竹島パルク」。右奥が竹島水族館=蒲郡市竹島町で

今年末で営業を終える土産物店街「竹島パルク」。右奥が竹島水族館=蒲郡市竹島町で

  • 今年末で営業を終える土産物店街「竹島パルク」。右奥が竹島水族館=蒲郡市竹島町で
 蒲郡市の竹島水族館に隣接する土産物店街「竹島パルク」が、今年末で営業を終えることが関係者への取材で分かった。完成から半世紀以上で建物が老朽化しているため。跡地の活用方法は決まっておらず、蒲郡商工会議所は近く、竹島パルクを含む水族館一帯の魅力アップに向けた検討会をつくり、市への意見をまとめる方針。 
 竹島パルクは一九六三(昭和三十八)年に建設された。登記によると、鉄筋コンクリート三階建てで、テナントが入る一階部分は千平方メートル余。土地は蒲郡市が所有する。近年は空きスペースが目立ち、現在営業しているのは、土産物店二店と飲食店一店になっていた。
 関係者によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧