本文へ移動

<お届けします> 羽黒専売店(犬山市)

2021年8月31日 05時00分 (8月31日 12時12分更新)
「不配や遅配は絶対ないようにしたい」と話す店主の上堤さん=犬山市羽黒小安で

「不配や遅配は絶対ないようにしたい」と話す店主の上堤さん=犬山市羽黒小安で

  • 「不配や遅配は絶対ないようにしたい」と話す店主の上堤さん=犬山市羽黒小安で
 犬山市南部の羽黒地区に新聞を届ける。店主の上堤孝則さん(45)のモットーは「長い間読んでくれている読者に迷惑を掛けないこと」。配り忘れや配達の遅れがないよう店員にも徹底する。店は一九八九(平成元)年に父の淑雄さん(72)が創業した。
 地域は住宅や商店、田畑などが混在し、寺など歴史ある建物も多い。「暮らしやすく、住民も昔からの温かい人が多い」という。春になると五条川の桜のトンネルを目当てに、大勢の人も訪れる。
 地区には木曽川の伏流水を使った酒蔵が二軒ある。「小弓鶴」と「東洋自慢」で、「それぞれ味や香りが違っておいしく、ともに大好きなお酒です」と上堤さん。小弓鶴はクラフトビールの「犬山ローレライ麦酒」の販売でも知られる。
 お気に入りは名鉄羽黒駅近くのすし店「武寿し」。「おいしくてリーズナブル。何より大将の人柄が明るくて、定期的に食べに行っています」。(問)羽黒専売店=犬山市羽黒小安三二の二、0568(67)0150 (水越直哉)

関連キーワード

おすすめ情報