本文へ移動

「天然の清涼感を楽しんで」 新城、ハッカ栽培・ノンアルコール飲料販売

2021年8月31日 05時00分 (8月31日 12時31分更新)
ハッカを蒸留する阿部さん=新城市能登瀬の奥三河蒸留所で

ハッカを蒸留する阿部さん=新城市能登瀬の奥三河蒸留所で

  • ハッカを蒸留する阿部さん=新城市能登瀬の奥三河蒸留所で
  • ハッカの生葉を使ったモヒート風飲料=新城市能登瀬の奥三河蒸留所で
 小さい白い花が付いた朝採れの葉を、蒸留器にかけること一時間半。たまった水滴の中に、白っぽい成分が浮かんできた。すーとした清涼感とともに、甘い香りが漂う。
 精油製造・販売会社「ランド」(安城市箕輪町)が運営する新城市能登瀬の奥三河蒸留所。今年、併設のカフェにハチミツを炭酸水で割り、ミントの代わりにハッカの生葉を浮かべたモヒート風のノンアルコール飲料(五百六十円)が登場した。近くを流れる宇連川を眺めながら味わえる。
 阿部晃社長(58)は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報