本文へ移動

【長野】警戒「5」12日まで 休業、時短要請は一部延長

2021年8月31日 05時00分 (8月31日 05時00分更新)
 県は三十日、県内全域に九月二日までの予定で発令した独自の新型コロナウイルス感染警戒レベル5(特別警報2)を十二日まで延長し、飯田市や上田市、佐久市などの酒類を提供する飲食店への営業時間短縮や休業の要請も一日までとした期間を八日まで延長する方針を明らかにした。
 営業時間短縮や休業を要請した南信州圏域の七市町村のうち、飯田市を除く松川町や阿智村など六町村への要請は予定通り九月一日で終了する。
 県によると、県内全域の直近一週間の人口十万人当たりの新規感染者数は三一・二七人と感染状況を示す国の指標で最も深刻な「ステージ4」に相当しており、阿部守一知事は三十日の会見で「まだ予断を許さない厳しい状況」と強調。九月三日〜十二日を「命と暮らしを救う集中対策期間」と設定し、人と会う機会を普段の半分以下に抑えたり、県境をまたぐ移動を控えたりするよう呼び掛けた。 (我那覇圭)
おすすめ情報