本文へ移動

“無所属”長友佑都が欧州を希望「過酷な環境で勝負したい」「(吉報を)届けられるように祈っている」

2021年8月30日 19時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長友佑都

長友佑都

 フランスの名門マルセイユを退団し無所属の長友佑都(34)が30日、今後も欧州でのプレー続行を希望した。
 長友は体調に関して「日々のトレーニングと、ケアも高い質を保てている。コンディションは良い状態。自分自身は心配してない」と、所属がないことによる不安を一蹴。今後については「僕は過酷な環境で勝負したい、挑戦したいという哲学を持っている」と言い、欧州を中心に新天地探しを模索する中で「(吉報を)届けられるように祈っている」と続けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ