本文へ移動

【楽天】早川隆久が初の中5日で挑むソフトバンク戦ひとつ勝って『早川だったら勝てる』の意識変える

2021年8月30日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク戦を翌日に控え全身を使ったキャッチボールをする楽天・早川

ソフトバンク戦を翌日に控え全身を使ったキャッチボールをする楽天・早川

 楽天の早川隆久投手(23)が30日、楽天生命パーク宮城で練習し、翌31日のソフトバンク戦(サンマリンスタジアム宮崎)での先発に備えた。
 早川はソフトバンク相手に2試合で0勝2敗、防御率3・09。ここまで分が悪いデータとなっているが、今回は三度目の正直で勝利を目指す。
 「苦手意識というより、勝っておかないと相手のイメージとして『早川だったら勝てる』となる。1勝するだけで違う、という意識があります」
 早川は6月6日の広島との交流戦(マツダ)で7勝目を挙げてから、4試合勝ち星なし。今回は初となる中5日での先発だ。新人左腕への他球団のマークも厳しくなり「バッターの反応も違う。前は振っていた球を振ってこない。研究しつつあるのかな」と話す。「複数打席を重ねる中で、配球の組み立てが重要になってくる」と駆け引きで封じる覚悟だ。小山投手コーチは「真っすぐの出力も出ていますし問題視するところはない」。首脳陣は自信を持って新人左腕を送り出す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ