本文へ移動

メリー名誉会長への恩返し誓う…岡本健一「母親以上の母親」息子の圭人「喜んでいただける舞台にしたい」

2021年8月30日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台「Le Fils 息子」のフォトコールで熱演する岡本圭人(左)と岡本健一

舞台「Le Fils 息子」のフォトコールで熱演する岡本圭人(左)と岡本健一

 俳優の岡本健一(52)と、元「Hey!Say!JUMP」の岡本圭人(28)の親子初共演作品として注目を浴びる舞台「Le Fils(ル・フィス) 息子」(ラディスラス・ショラー演出)が30日、東京芸術劇場 プレイハウスで初日の幕を開けた。圭人にとっての単独初主演作。リアル親子が親子役を演じるという話題性抜群のステージで、尊敬する父といつか舞台で共演したいという夢をついにかなえた。
 岡本親子は、今月14日に93歳で死去したジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長への恩返しも誓った。
 健一は15歳でジャニーズ入りし、88年に「男闘呼組」のメンバーとしてデビューしたが直後に実母が死去。「自分の中では(メリーさんに)母親以上の母親として接してもらって、圭人も生まれる前からずっとお世話になっていました。好きなことをやって自分のステキな人たちに囲まれて(旅立ったので)、大往生だったんじゃないかと思っています」と語った。
 圭人も「太陽みたいな存在でした。子どものころから、ずっとファクスで手書きのメッセージをやりとしていたんですが、すごく自分にとって思い入れのある時間だったなと。きっと(天国から)見に来てくれると思うので、メリーさんに喜んでいただける舞台にしたい」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ