本文へ移動

中京・双子の内野兄弟バッテリー奮闘も優勝逃す…兄・慎太郎が1失点、弟・光一が好リード【全国高校軟式野球】

2021年8月30日 18時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
作新学院―中京 7回にマウンドで話をする中京の内野慎投手(左)と内野光捕手

作新学院―中京 7回にマウンドで話をする中京の内野慎投手(左)と内野光捕手

 ◇30日 全国高校軟式野球選手権決勝 中京0―1作新学院(明石トーカロ球場)
 中京は先発の3年生エース・内野慎太郎投手が8イニングを投げて被安打2の1失点と力投した。1回の1失点に泣いたが、「初回だし、ズルズルといかないように」と気持ちを断ち切って、2回以降はゼロを並べた。バッテリーを組んだ主将の内野光一捕手は双子の兄弟。兄の光一が「最高だった」と投球をたたえれば、慎太郎も「リードはいつもと変わらず投げやすかった」と感謝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ