本文へ移動

野外フェス『波物語』に地元・常滑市長が抗議文「酒類の提供も行われ、多くの人がマスクをつけない状態」今後使用禁止へ

2021年8月30日 12時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤辰矢市長

伊藤辰矢市長

 愛知県常滑市の伊藤辰矢市長(43)が30日、ツイッターを更新。29日に同市「愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)」で開かれた野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」について、主催者に抗議文を送付することを明かした。
 市長はこの日、「昨日開催されたnamimonogatariについて、本日から始まりました市議会定例会の冒頭のあいさつで述べさせていただきました」と報告。さらに「本日付で主催者に対して抗議文を送付いたします」とした。
 投稿には文書が添えられ、その中で市長は同イベントが2016~19年、市内の「りんくうビーチ」で開かれていたことを振り返り(20年はコロナ禍で開催断念)、「その際にもトラブルの絶えないイベントでしたので、今回の開催も大変危惧しておりました」と不安視していたことを告白。このため26日にイベント会場管理者を通じ、主催者に国・県の要請やガイドラインを順守することなどを勧告していた。
 しかし当日は「上限人数の5000人をはるかに超え密集しており、酒類の提供も行われ、多くの人がマスクをつけない状態」だったとし、「極めて悪質なイベント」と断罪。「強い憤りを覚えます」と怒りをにじませ、「主催者には今日付で、市民の努力を愚弄する悪質なイベントを開催したことへの遺憾の意と、今後二度と本市の施設であるりんくうビーチを使用させない旨を記した抗議文を送付いたします」と締めくくった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ