本文へ移動

国体中止でも思いは熱く 松阪で炬火集火式

2021年8月30日 05時00分 (8月30日 11時30分更新)
一つになった炬火を受け皿にともす竹上市長(右から3人目)=松阪市嬉野権現前町の嬉野ふるさと会館で

一つになった炬火を受け皿にともす竹上市長(右から3人目)=松阪市嬉野権現前町の嬉野ふるさと会館で

 九月に開幕予定だった三重とこわか国体に向け、松阪市内で採取されていた炬火(きょか)を一つにする集火式が二十九日、同市嬉野権現前町の嬉野ふるさと会館であった。新型コロナウイルスの感染急拡大で国体は中止となったが、これまでの活動の集大成として無観客で行われた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧