本文へ移動

子育て世帯向け防災手引 県内初 砺波市がハンドブック

2021年8月30日 05時00分 (8月30日 10時08分更新)
未就学児を育てる世帯向けに作成した「となみ子育て防災ハンドブック」=砺波市役所で

未就学児を育てる世帯向けに作成した「となみ子育て防災ハンドブック」=砺波市役所で

 砺波市は、未就学児を育てる家庭向けに、災害時に役立つ情報を盛り込んだ「となみ子育て防災ハンドブック」を作った。子育て世帯向けの防災ハンドブックは県内初という。防災の日の九月一日に市内の約二千の対象世帯に郵送し、妊婦にも母子健康手帳交付の際に配る。
 常に携帯できるように、市の母子健康手帳に挟めるサイズで、十五ページで全カラー。レジ袋とタオルを使った簡易おむつの作り方や紙コップでの授乳方法など、未就学児を育てる家庭に有益な豆知識を掲載している。早めの避難を心掛けるなどの防災のポイントや、市からの防災情報が簡単に入手できるQRコードも記載した。
 全国的に大規模災害が増えている中、子どものころから防災を身近に感じ、母子で防災知識の理解を深めてもらおうと企画した。市の担当者は「早いうちに防災に関心を持ってもらい、災害時に少しでも命を守る行動につなげてほしい」と話している。 (広田和也)

関連キーワード

おすすめ情報