本文へ移動

TOKIO松岡昌宏が丸亀製麺と「トマたまカレーうどん」共同開発 さっぱりトマトの酸味にニンニクやショウガ隠し味

2021年8月30日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トマたまカレーうどんのポスター

トマたまカレーうどんのポスター

 「TOKIO」の松岡昌宏(44)が讃岐うどん専門店「丸亀製麺」を展開する株式会社丸亀製麺と「トマたまカレーうどん」を共同開発。城島茂(50)、国分太一(46)とともに出演するテレビCM「トマたまカレー開発/予告編」が31日から9月2日まで、「トマたまカレー開発編」が同3日から放送される。
 城島が社長を務める株式会社TOKIOと丸亀製麺は4月に「共創型パートナーシップ」を締結。国分と開発した「丸亀こどもうどん弁当」に続き、松岡と開発が進められた。松岡発案のカレーにはトマトを使い、さっぱりと食べやすいトマトの酸味に白だし、ニンニクやショウガなどの隠し味が加えられている。
 CMは3人の「うどんで日本を元気に!」という掛け声でスタート。実際の店舗で、商品開発担当者の制服姿の松岡が見事な手さばきで調理し、うどんを口にして納得の表情を浮かべる。
 松岡は「自分が作ったものを全国の皆さまに食べていただくということが実現でき、とてもうれしいです」とコメントしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ