本文へ移動

【蒲郡ボート・SGボートレースメモリアル】原田幸哉が“地元”で12年ぶりSG制覇「恩返しできてホッとしてます」

2021年8月29日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボートレースメモリアルを制した原田幸哉

ボートレースメモリアルを制した原田幸哉

◇29日 SG第67回ボートレースメモリアル最終日(愛知・蒲郡ボート)
 12Rで優勝戦が行われ、1号艇の原田幸哉(45)=長崎=がコンマ04のトップスタートを決めてイン逃げに成功。2009年チャレンジカップ以来12年ぶり4度目のSG制覇を飾った。2着には2号艇の平本真之、3着に3号艇の白井英治が入った。
 愛知県出身で、かつては愛知支部に在籍した原田にとって、地元・蒲郡でのSG制覇は初。「完璧でイメージ通りのスタートができた」と振り返ると「蒲郡でSGを勝ててホッとしています。これまでは空回りしてなかなか恩返しができなかった。恩返しができてホッとしています」と喜びをかみしめた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ