本文へ移動

【巨人】先制犠飛の吉川尚輝、次戦は地元岐阜での試合「7年間使わせてもらった球場、いいプレーしたい」

2021年8月29日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表無死一、三塁、吉川が中犠飛を放つ

3回表無死一、三塁、吉川が中犠飛を放つ

◇29日 中日1-5巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 巨人・吉川尚輝内野手(26)が先制点をたたき出した。3回無死一、三塁できっちりと先制の中犠飛を放った。7回も無死一、三塁で、追加点を呼ぶ遊ゴロ。この日は2打点を挙げた。3回の場面は「何とか先制点を取れるように食らい付いて、必死で。1点が入ったのでよかった」と振り返った。31日は出身地・岐阜でのヤクルト戦。「(会場は)高校、大学と7年間使わせてもらった球場。地元でもありますし、感謝の気持ちを持って、いいプレーができるように全力でやりたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ