本文へ移動

兄弟校ならでは 智弁対決の両校 試合後に一緒に記念撮影【甲子園】

2021年8月29日 17時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「智弁対決」となった智弁和歌山と智弁学園との決勝戦を智弁和歌山(左側)が制し、たたえ合う両校ナイン

「智弁対決」となった智弁和歌山と智弁学園との決勝戦を智弁和歌山(左側)が制し、たたえ合う両校ナイン

◇29日 全国高校野球選手権大会決勝 智弁和歌山9―2智弁学園(甲子園)
 智弁和歌山が“智弁対決”を制し、2000年以来21年ぶり3度目の優勝を決めた。敗れた智弁学園(奈良)は夏初優勝はならなかった。
 同じ智弁同士として修学旅行先も同じという両校。閉会式の後、バックスクリーンを背に記念撮影を行ったが、例年は優勝校、準優勝校の順で別々に行うところを、この日は智弁和歌山の撮影後に両校一緒でも撮影。兄弟校対決ならではの、異例のひとときとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ