本文へ移動

清須の「AICHI DREAM RUSH」が日本一 ソフトボール中学生女子

2021年8月29日 05時00分 (8月29日 12時28分更新)
メダルを手に3年ぶり2回目の優勝を喜ぶ選手たち=名古屋市港区で

メダルを手に3年ぶり2回目の優勝を喜ぶ選手たち=名古屋市港区で

 清須市を拠点に活動する女子中学生ソフトボールチーム「AICHI DREAM RUSH」が、十四〜十七日に大阪市で開かれた全日本中学生女子大会で、三年ぶり二回目の優勝を果たした。
 大会には全国から四十三チームが出場。雨天で準々決勝までしか消化できなかったため、勝ち上がった四チームを優勝とした。
 チームは五月の県大会を制し、新型コロナウイルスの影響で中止となった昨年を挟んで七大会連続で本大会に駒を進めた。本大会では、優勝候補を相手に接戦を制するなど、投手力と堅守を武器に三試合全てを無失点で抑え、準決勝まで勝ち上がった。
 エースとして全試合をほぼ一人で投げ抜いた三年金子絢香さん(15)=清須市=は「最後まで試合をしたかった」と悔しさをにじませたが「優勝は、チーム一丸となってプレーできた結果。要所で良い投球ができて良かった」と振り返った。 (牧野良実)

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧