本文へ移動

横浜Mは鹿島に敗れ14戦ぶり黒星 マスカット監督は冷静「負けるといつもがっかりするもの」

2021年8月28日 22時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜M・マスカット監督

横浜M・マスカット監督

◇28日 J1第27節 横浜M0―2鹿島(日産スタジアム)
 2位の横浜Mは鹿島に0―2で敗れ、14試合ぶりの黒星を喫し、川崎とは4差に広がった。
  ◇  ◇  ◇
 ボールを支配したのは横浜Mだったが、鹿島に効果的な攻撃をされて前半のうちに2点を奪われた。
 先制されたのは前半15分だった。ゴール前に入り込んだ鹿島の荒木に右サイドからのクロスを合わされ、早々と1点を失った。続く同30分には鮮やかなカウンターからリードを広げられる。右サイドを崩され、抜け出した上田に巧みな右足アウトサイド弾を決められて2点目を失った。
 横浜Mは4連勝中で13戦負けなし、直近の4試合で16得点と圧倒的な破壊力で首位川崎に肉薄してきた。しかし、この日はなかなかゴールを割れない。思い通りのサッカーを展開できず、天を仰ぐ場面が目立った。
 マスカット監督は「負けるといつもがっかりするもの。特にホームでの敗戦は非常に残念だ。先制点は自分たちのミスだが、チャンスはつくったし、崩した部分も多かった」と冷静に分析した。
 これで連勝は4で止まり、無敗も13でストップ。札幌を2―0で破った川崎との勝ち点差は4に広がり、逆転Vに向け一歩後退の敗戦となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ