本文へ移動

【FC東京】レアンドロ右足一閃にアシスト永井もビックリ「まさか振るとは」

2021年8月28日 22時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京のレアンドロ

FC東京のレアンドロ

◇28日 J1第27節 神戸0-1FC東京(ノエビアスタジアム神戸)
 FC東京はFWレアンドロ(28)が後半38分に決勝ゴールを決め、神戸を1―0で破って2連勝を挙げた。
  ◇  ◇  ◇
 白熱の一戦に終止符を打ったのは、レアンドロの一振りだった。歓喜の瞬間は後半38分に訪れる。左サイドに開いた小川から田川を経由し、エリア内のレアンドロにボールが入る。時間も空間もないゴール前の密集地帯。元ブラジル代表MFは、永井とのワンツーを選択し、迷いなく右足を一閃(いっせん)した。
 「一瞬の出来事だったので、打った瞬間は入ったかは分からなかった。でも、ネットが揺れて入ったと分かったよ」
 そう語るレアンドロの豪快な一撃は、鮮やかにゴール左上を射抜いた。この美しいゴールに、アシストした永井も「まさか振るとは思わなかった。すごいゴールでしたね」と感嘆の声を上げるしかなかった。
 殊勲のヒーローは「非常に難しい試合だった。アウェーが続いて疲れもあった。暑さに加え、ピッチコンディションも悪かったしね。得点できたことを神様に感謝したいね」と胸を張った。
 これで“敵地7連戦”を連勝で締めくくり、次節は約2カ月半ぶりに本拠地・味スタに帰還する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ