本文へ移動

【ゴルフ】全美貞が1打差トップで最終日へ「北海道に来るといいプレーが」日本ツアー初Vの地で通算26勝目狙う

2021年8月28日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3日、18番でティーショットを放つ全美貞

第3日、18番でティーショットを放つ全美貞

◇28日 国内女子ゴルフ ニトリレディス第3日(北海道小樽市・小樽CC)
 黄金世代10人目の優勝を目指し、飛ばし屋・山路晶(22)=森六グループ=が首位と1打差の通算13アンダー2位に浮上した。5月リゾートトラストレディス2日目にはツアー史上初の1ラウンド2ホールインワンを決めた“持ってる女。逆転勝利をつかめるか。14アンダー首位は全美貞(韓国)、東京五輪銀メダルの稲見萌寧(22)=都築電気=は11アンダー4位。ツアー史上3人目となる3週連続Vのかかる小祝さくら(23)=ニトリ=は5アンダー20位。
  ◇  ◇  ◇
 前日首位に立った2012年賞金女王の全美貞が70とスコアを伸ばして1打差トップで最終日を迎える。北海道は2006年に日本ツアー初Vを飾った縁起のいい土地。「すごく好きなところで、北海道に来ると自然にいいプレーができるような気がします」という。今年は6月のニチレイレディス、7月の大東建託レディスと惜しいところでV逸したが「優勝に近づいてきたなと感じている」と、3度目の正直で通算26勝目を誓う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ