本文へ移動

【甲子園】1週間で500球以内の球数制限 決勝戦での影響なし 最も少ないのは智弁和歌山・中西投手の231球

2021年8月28日 19時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
近江打線を相手に1失点完投の智弁和歌山・中西

近江打線を相手に1失点完投の智弁和歌山・中西

◇28日 全国高校野球選手権大会準決勝(甲子園)
 1週間で500球以内に制限される投手の球数制限で、最も残りの球数が少ないのは智弁和歌山が中西聖輝投手の231球、智弁学園が小畠一心投手の276球と、両校ともに影響はほとんどない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ