本文へ移動

近江エース右腕 準々決勝7回に右肘に痛み「本当は投げたかったけど、投げられなかった」【甲子園】

2021年8月28日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
智弁和歌山に敗れ、あいさつを終えて引き揚げる近江・岩佐(中央)ら

智弁和歌山に敗れ、あいさつを終えて引き揚げる近江・岩佐(中央)ら

◇28日 全国高校野球選手権大会準決勝 近江1-5智弁和歌山(甲子園)
 登板機会がなかった近江のエース右腕・岩佐直哉投手(3年)は、準々決勝・神戸国際大付戦の7回に右肘に痛みが出たことを明かした。
「本当は投げたかったけど、投げられなかった」と悔しそうに話した。全試合に先発した山田を、準々決勝までの4試合でリリーフ。後輩右腕については「疲れもあったと思うけど、よく頑張って投げてくれた」とねぎらい、「必勝リレーで4試合勝てたのは良かった」と納得の表情を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ