本文へ移動

サントリーが暫定4位浮上 W杯出場逃したバックス陣が大暴れ WTB中鶴はハットトリック!

2020年2月22日 21時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半だけでハットトリックを達成したサントリーWTB中鶴

前半だけでハットトリックを達成したサントリーWTB中鶴

◇22日 ラグビー・トップリーグ第6節(秩父宮) ○サントリー 69-14 日野●

 春の嵐が吹き荒れる中を、黄色いジャージーが縦横無尽に走り回った。主役はBKの走り屋たちだ。W杯組が脚光を浴びる今季のトップリーグで、サントリーはW杯出場を逃した3人の大爆発で勝負を決めた。
右WTB中鶴は前半11分の40メートル独走を皮切りに3トライ。同21分には中鶴の突破からFB尾崎が、同25分には尾崎の突破から左WTB江見がそれぞれトライを奪った。「W杯は観客として見ていて悔しい思いがあった。2023年は絶対に」と尾崎が闘志を見せれば、中鶴は「まずサントリーで勝つ」と控えめに宣言。持ち味は違えど、代表組がひしめくチームでのポジション争いは、すなわち次回W杯へのサバイバルだ。
 第3節終了時で1勝2敗と黒星先行、10位に低迷していたチームは暫定ながら、日本選手権出場圏内の4位に浮上したが、流主将は「サントリーのDNAはアタッキングラグビー。先のことは考えません」。挑戦者と化した元王者は、目の前だけに集中して戦う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ