本文へ移動

元巨人の智弁和歌山・中谷仁監督 プロ経験指導者13年ぶり決勝進出 優勝すれば39年ぶり【甲子園】

2021年8月28日 17時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
智弁和歌山の中谷仁監督

智弁和歌山の中谷仁監督

◇28日 全国高校野球選手権大会準決勝 智弁和歌山5-1近江(甲子園)
 プロ野球の阪神、楽天、巨人でプレーした智弁和歌山の中谷仁監督は、プロ経験者の監督としては2008年に準優勝した常葉菊川(現常葉大菊川、静岡)の佐野心監督(元中日)以来、13年ぶりの決勝進出。優勝すれば1982年の池田(徳島)の蔦文也監督(元東急)以来、39年ぶりとなる。
 プロ経験者が夏の大会で優勝監督となった例は、他に51年の平安(現龍谷大平安、京都)の西村進一監督(元名古屋、旧姓木村)、55年の四日市(三重)の水谷貞雄監督(元ゴールドスター)、63年の明星(大阪)の真田重蔵監督(元松竹など)、72年の津久見(大分)の小嶋仁八郎監督(元西日本)ら。2013年に始まった学生野球資格回復制度の研修を経た監督では初めてとなった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ