本文へ移動

中日・ビシエドの勢いが止まらない! 第1打席で16号ソロ、2試合連続で先制点

2021年8月28日 14時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、先制ソロを放つ中日・ビシエド

2回、先制ソロを放つ中日・ビシエド

◇28日 中日―巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 主砲の勢いが止まらない。中日のダヤン・ビシエド内野手(32)が2回の第1打席で右中間ソロ本塁打。2試合連続でチームの先制点を呼び込んだ。
 2回の先頭打者で打席へ。カウント2―2から巨人先発・戸郷の高めに浮いたスライダーを捉えると、打球はバックスクリーン右に着弾。推定飛距離130メートルの一撃をたたき込んだ。
 後半戦初戦の13日の巨人戦(東京ドーム)以来となる16号ソロ。ビシエドは「追い込まれてしまったが、高めに浮いてきたボールをしっかり仕留めることができたね。まずは先制点を取れて良かったよ」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ