本文へ移動

中日・根尾昂が今季初4番で2ラン 井領がランニング弾、石橋も続き3者連続本塁打【2軍】

2021年8月28日 14時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回2死二塁から左翼へ2ランを放つ根尾

5回2死二塁から左翼へ2ランを放つ根尾

◇28日 ウエスタン・リーグ広島―中日戦(由宇)
 中日・根尾昂内野手(21)が「4番・遊撃」で先発出場し、5回に左翼へ勝ち越しの1号2ランを放った。
 第1打席に死球で出塁、第2打席に遊飛と倒れ、同点の5回2死二塁で迎えた第3打席だ。先発した右腕・大道の3球目の外角高めの直球を捉え、左翼へたたき込んだ。
 この根尾の一発をきっかけに打線が活気づき、続く井領が右翼へランニング本塁打、さらに石橋が左翼へ本塁打を放ち、3者連続本塁打となった。根尾は2軍でも打率が1割台と低迷していたが、仁村2軍監督が今季初の4番に抜てきすると、すぐさま結果を出した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ