本文へ移動

落ち葉を堆肥に再利用 安曇野・豊科南小児童、里山と身近な暮らし学ぶ

2021年8月28日 05時00分 (8月28日 14時46分更新)
木箱に落ち葉や米ぬかを入れて、堆肥作りを体験する児童たち=安曇野市豊科の豊科南小で

木箱に落ち葉や米ぬかを入れて、堆肥作りを体験する児童たち=安曇野市豊科の豊科南小で

 安曇野市豊科南小学校で二十六日、里山と身近な暮らしの関係を学ぶ「里山と私たちのくらし大作戦!(さとくら大作戦!)」の授業があり、五年二組の三十人が市内の里山から落ち葉を集め、校内で堆肥作りを体験した。 (右田誠弥)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧