本文へ移動

ラグビー日本選手権の開催断念「プロ野球やJリーグ選手感染は大きい」トップリーグは来年1月開幕意向

2020年4月2日 20時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
薬物検査の結果と来季の構想などについて説明したトッリーグの太田チェアマン

薬物検査の結果と来季の構想などについて説明したトッリーグの太田チェアマン

 日本ラグビー協会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月23、30日に予定していた第57回日本選手権を中止すると発表した。大会の中止は初めて。既にトップリーグ(TL)の中止も決まっており、今季のTLクラブが出場する大会は全て終了となった。
 TLがシーズン途中で終わったため、当初はTL上位4チームで争う予定だった日本選手権の出場チームの決定方法などについて、日本協会は今月中旬をめどに発表するとしていたが、開催自体を断念した。TLの太田治チェアマンは「各チームの選手に不安が広がっているということだった。プロ野球やJリーグの選手に感染したという点は大きい」と説明した。
 来季のTLは来年1月ごろに開幕したい意向で、今秋にはプレシーズン大会の実施も検討しているとした。
 また、5月に開幕予定だった女子7人制の国内サーキット・太陽生命ウィメンズセブンズシリーズも5月の東京大会と静岡大会が中止となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ