本文へ移動

田んぼアートで郷土の偉人 松阪で見頃

2021年8月28日 05時00分 (8月28日 10時51分更新)
郷土の偉人、東畑の似顔絵を表現した「田んぼアート」=松阪市嬉野薬王寺町で

郷土の偉人、東畑の似顔絵を表現した「田んぼアート」=松阪市嬉野薬王寺町で

 大正、昭和期の農業経済学者で、文化勲章も受章した松阪市嬉野井之上町出身の東畑精一(一八九九〜一九八三年)の偉業をたたえ、地元の人たちが嬉野薬王寺町の水田をキャンバスに見立てて似顔絵を描いた。「米」と題した著作もある東畑の柔和な顔が、色の異なる稲の配置で浮かび上がり、見頃になっている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧