本文へ移動

【フィギュア】グランプリシリーズ第3戦はトリノで代替開催 鍵山、友野、宮原、三原がエントリー

2021年8月28日 07時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮原知子

宮原知子

 国際スケート連盟(ISU)は27日、コロナ禍のため中国・重慶での開催を中止したフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦について、イタリア・トリノを代替地にして実施することが決まったと発表した。大会の日程は当初の予定通り、11月4~7日としている。
 ISUは中国杯としていた第3戦の重慶での開催中止を16日に発表。GPシリーズは全6戦でGPファイナル進出者を競うが、12月9~12日に大阪・東和薬品ラクタブドームで行う予定にしている今季のGPファイナルを維持するため、開催に興味がある国を募るとしていた。プレスリリースによると、代替地にはトリノ、デブレツェン(ハンガリー)、ノーウッド(米マサチューセッツ州)の計3都市が名乗りを上げた。そして、ISU理事会の決定により、トリノで開催することにしたという。
 今季のGPシリーズ第3戦には、男子が3月の世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)で2位となった鍵山優真(18)=神奈川・星槎国際高横浜=と昨季のGPシリーズ第6戦・NHK杯で(大阪)2位となった友野一希(23)=セントラルスポーツ、女子が2018年平昌五輪代表の宮原知子(23)=木下グループ=と17年四大陸選手権(韓国・江陵)優勝の三原舞依(21)=シスメックス=がエントリーしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ