本文へ移動

パラ選手村で自動運転バスが視覚障害選手に接触、全治2週間 自動運転なのに人的ミス原因の事故「悪い冗談にも程がある」と厳しい声

2021年8月27日 19時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」

パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」

 東京・築地の東京パラリンピック選手村で26日、柔道男子81キロ級の北薗新光(30)が、選手村内を巡回する自動運転のバスと接触、転倒した際に頭と両足を負傷した。全治は2週間。北薗は28日に試合を控えている。
 報道によると、選手村の横断歩道を渡っていた北薗が右折してきたバスと接触した。バスは自動運転だが、ドア開閉のためにオペレーターが2人乗車。バスは信号のない横断歩道の手前で交通誘導の警備員を感知し停止したが、オペレーターが発信ボタンを押した直後だったという。
 SNSでは「パラ選手村」「自動運転」などがトレンド入り。「『人がいることは気づいていたが、横断をやめるだろうと思った』自動運転以前の問題ですね」「自動運転車両で人的ミス原因の事故とか、悪い冗談にも程がある」「車は歩行者がいたら止まる。だろう運転はだめだって、習ったろ?」などの厳しい声が相次いだ。
 また「選手がお気の毒としか言いようがない。5年間待って、2日前にこの仕打ちって」「明日の試合、出られますように」と北薗を気遣うコメントも寄せられていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ