本文へ移動

【FC東京】長谷川監督 アウェー7連戦ラスト神戸戦へ上位叩き連勝締め誓う

2021年8月27日 19時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸戦に向けた練習で指示を出す長谷川監督(FC東京提供)

神戸戦に向けた練習で指示を出す長谷川監督(FC東京提供)

 FC東京の長谷川健太監督(55)が27日、リーグ戦の“アウェー7連戦”ラストゲームとなる神戸戦(28日・ノエスタ)に向けたオンライン取材に応じ、連勝締めを誓った。この日は午前中に大阪府内でトレーニングを行い、午後に神戸入り。リーグで今最も話題のチームを相手に、指揮官は「上位をたたくことによって、上位に少しでも近づく。われわれも力はあると思うので、みんなの力を結集して結果を出していきたい」と、力を込めた。
 目の前の課題を一つずつ乗り越え、この7連戦を戦ってきた。長谷川監督は「前節はメンバーが変わった中で、自分たちのカタチは変わらずに表現できた」と、手応えを口にする。
 神戸は、その成果を試す格好の相手だ。今夏に新加入した大迫、武藤を警戒しつつも、指揮官は「(神戸の特長を)挙げれば、キリがない」と苦笑いし、こう続けた。
 「チームの約束事と、最後のところでやらせないことがポイントになる。個の特長を頭に置きながらも、チームで一生懸命対応していきたい」
 健太トーキョーが“真夏の死のロード”を最後まで全力で駆け抜ける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ