本文へ移動

【中日】福留孝介が史上16人目NPB通算1000四球を達成 中日選手の達成は落合博満、立浪和義、谷繁元信に次ぐ4人目

2021年8月27日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏無死一、三塁、福留が四球を選ぶ。投手山口、捕手小林

1回裏無死一、三塁、福留が四球を選ぶ。投手山口、捕手小林

◇27日 中日―巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の福留孝介外野手(44)が1回の第1打席で四球を選び、NPB通算1000四球を達成した。史上16人目で、中日所属選手の達成は落合博満、立浪和義、谷繁元信に次ぐ4人目。
 「5番・右翼」で先発出場し、2点先制した直後の無死一、三塁で巨人先発・山口と対戦。1度もスイングせず、ストレートの四球を選んだ。
 福留の初四球はプロ入り2試合目の1999年4月3日の広島戦(ナゴヤドーム)の第3打席で横山からだった。2008~12年には米大リーグで307四球を記録している。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ