本文へ移動

なでしこジャパン高倉麻子監督が今月末で退任「任期満了、次にバトンを渡すときが来たのかな」

2021年8月27日 14時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高倉麻子監督

高倉麻子監督

 日本サッカー協会は27日、女子日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(53)が今月末で退任すると発表した。2019年女子W杯フランス大会は16強止まり。東京五輪は準々決勝で敗退し、12年ロンドン五輪以来のメダル獲得はならなかった。
 高倉監督は同日午後、オンラインで記者会見に臨み「長い時間をなでしこの監督として過ごす中で、五輪は一つの区切りだと思っていた。もしメダルが取れていたとしても、自分としては退くときなのかなと思っていた」と語り、「任期満了でこの立場を離れることに関してネガティブなことはない。次にバトンを渡すときが来たのかなと思う」とすっきりした表情だった。
 高倉監督は年代別の日本代表を率いて、14年にはU―17女子W杯で初優勝を飾った。日本がリオデジャネイロ五輪予選で敗退した後の16年4月、なでしこジャパンの監督に就任。男女のフル代表で初の女性監督となった。18年は女子アジア杯を制覇したが、19年女子W杯、今夏の東京五輪では結果を残せなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ