本文へ移動

井上尚弥、カシメロの王座統一戦GOサインに“挑発”「俺と試合をしないと相手にされない」「リングでハッキリさせる」【ボクシング】

2021年8月27日 13時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上尚弥

井上尚弥

 WBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(28)が27日、自身のツイッターを更新。WBO同級王者ジョンリール・カシメロ(32)を“挑発”した。
 井上尚はカシメロが日本で王座統一戦に臨むことに前向きな姿勢を示したされる報道を添付。米専門サイトによると、カシメロと契約を結ぶMPプロモーションのショーン・ギボンズ氏が「カシメロは日本に行くし、問題ないことだ。いつでもどこでも誰とでもWBO王者として戦うでしょう」とアウェーでの王座統一戦にGOサインを出したという。
 井上尚は「GOサインはもうわかったよ。俺と試合をしないと相手にされないし金にならないからごちゃごちゃ言いたいのもわかる」とツイート。さらに「全てはリングの上でハッキリさせるから。ドネアを優先しないで試合を組んでくれ」とカシメロ陣営を“挑発”して、自身との王座統一戦の実現を要望した。
 井上VSカシメロ戦は2020年4月に米国で開催されることが決定していたものの、新型コロナウイルス感染拡大によってキャンセルになっていた。
井上尚はすでにスパーリングを再開。年内にWBO王者カシメロ、WBC王者ドネア(ともにフィリピン)いずれかとの3団体統一戦を目指している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ