本文へ移動

「箸で豆移し」ギネスに挑戦 北名古屋の犬飼君ら全国決勝参加

2021年8月27日 05時00分 (8月27日 13時54分更新)
ギネス世界記録更新に挑む犬飼君=北名古屋市九之坪児童館で

ギネス世界記録更新に挑む犬飼君=北名古屋市九之坪児童館で

  • ギネス世界記録更新に挑む犬飼君=北名古屋市九之坪児童館で
  • 各会場をオンラインでつないで開催した決勝戦(児童健全育成推進財団提供)
 全国の子どもたちが夏休みにギネス世界記録に挑戦する催しの決勝戦が二十四日、愛知県、東京都、兵庫県の児童館などであった。取り組んだのは三十秒間に箸を使って豆を移した数。北名古屋市鴨田小六年の犬飼翔空(とあ)君(12)ら予選を通過した三人が、二十五個の記録更新に挑んだ結果は果たして−。 (牧野良実)
 新型コロナウイルス禍でも子どもたちが夢中になれる遊びを提供するため、児童館を支援する一般財団法人「児童健全育成推進財団」(東京)が企画。瓶のふたに入れた豆を、三十センチ以上離した空の瓶に移動させた数を競った。
 二〜十六日に全国の児童館や放課後児童クラブを利用する子どもを対象に予選を開催。四十六施設から五〜十八歳の五百十五人が参加し、上位三人が決勝戦に進んだ。決勝は各会場をつないでオンラインで実施。三人はギネス世界記録公式認定員の前で一度限りの挑戦に臨んだ。
 犬飼君は予選の期間中、ほぼ毎日、近くの北名古屋市九之坪児童館に通った。最初は十個余りだったが、徐々に記録が伸びるうれしさからのめり込み、長い日は二時間ほど練習する時もあったという。
 箸の持ち方や豆をつかむ位置などを試行錯誤しながら期間中に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧