本文へ移動

日本代表と2日対戦 オマーン監督はアジアサッカーに精通…森保監督が警戒「戦術の上積みをしてくる」

2021年8月27日 08時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森保監督

森保監督

 日本サッカー協会は26日、2022年W杯カタール大会アジア最終予選B組の初戦・オマーン戦(9月2日・パナスタ)、第2戦・中国戦(同7日・ドーハ)に臨む日本代表24人を発表した。
  ◇
 反町技術委員長によると、初戦で迎え撃つオマーン代表は欧州で約1カ月間の事前キャンプをした後に来日する見通し。クロアチア人のイバンコビッチ監督は過去にイラン代表を指揮するなどアジアのサッカーにも精通しているとあって、森保監督は「さらに戦術の上積みをしてくると思う。試合の中で柔軟に対応していけるように準備しなければいけない」と注意点を挙げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ