本文へ移動

【巨人】中田翔ヒヤリ、左手甲に死球受け交代 中日戦は当日の様子見て出場を判断

2021年8月26日 22時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6 回裏無死、死球を受ける巨人・中田

6 回裏無死、死球を受ける巨人・中田

◇26日 巨人2―11広島(東京ドーム)
 巨人の中田翔内野手(32)が左手甲に死球を受け、ヒヤリとする場面があった。6回先頭の第3打席で九里の141キロの内角シュートが直撃。当たった瞬間は痛そうに顔をゆがませ、7回の守りから交代した。
 その後、ベンチにいるときに当たったところを気にするそぶりもしていたが、球団関係者によれば、大事には至っていないとのこと。27日の中日戦(バンテリンドーム)の出場は、当日の様子を見て判断する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ