本文へ移動

宇野昌磨の今季ショートプログラムは「オーボエ協奏曲」が有力【フィギュア】

2021年8月26日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リハーサルで演技を披露する宇野昌磨

リハーサルで演技を披露する宇野昌磨

 フィギュアスケート男子で2018年冬季平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車、中京大=が26日、今季ショートプログラム(SP)に「オーボエ協奏曲」を選ぶ可能性が高いことを示唆した。27日開幕のアイスショー「フレンズ・オン・アイス」(コーセー新横浜スケートセンター)のリハーサル後の取材で、マイケル・ジャクソンの「アース・ソング/ヒストリー」との2択で「有力なのはオーボエ」と語った。
 フリーは「僕の代名詞にしたい」と意気込む新演目「ボレロ」に決めている。4回転ジャンプはルッツを除く4種類を投入する意向で「ループを試合でやるのは久しぶり。4年越しに跳べるようになっているので、試合で成功させるのが楽しみ」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ