本文へ移動

【中日2軍】高松が投手強襲の内野安打にも「内容はあまり良くなかった」と反省

2021年8月26日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回1死、二塁への内野安打を放つ高松

6回1死、二塁への内野安打を放つ高松

◇26日 ウエスタン・リーグ 中日2―5ソフトバンク(ナゴヤ)
 中日の高松渡内野手(22)が快足を生かした。6回1死、左腕大竹の2球目をピッチャー返し。投手強襲の打球は二塁方向へ転々とする間に内野安打とした。
 1軍では代走からの起用が続いており、打席に立つ機会が減少。公式戦では7月25日の阪神戦(鳴尾浜)以来となる安打に「一本出ましたが、打席の内容はあまり良くなかったです」と反省の弁が漏れた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ