本文へ移動

五輪組の初招集は1人のみ…森保監督「選ぼうかなと思った選手もいる」サッカーW杯最終予選メンバー発表

2021年8月26日 18時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森保監督

森保監督

 日本サッカー協会は26日、W杯カタール大会アジア最終予選で9月の2試合に臨む日本代表メンバー24人を発表した。4位だった東京五輪組からはオーバーエージ3人を含めて9人が招集されたが、初招集はGK谷晃生(20)=湘南=のみとなった。
 森保一監督(53)は、「東京五輪を振り返った時に、最終予選のA代表に選ばれてもおかしくない選手はいますし、選ぼうかなと思った選手もいる」とした上で、コンディションやクラブでの状況を考慮した上で「本人、クラブ、後々日本サッカーのためにもなる判断をして、今回の選考につなげたところもある」と語った。
 一方、延長戦の末に敗れた準決勝・スペイン戦など、A代表も多く含んだ強豪国と対戦した経験は貴重。「五輪に出た選手は全員がレベルアップにつながる経験ができたと思う。戦うことで得た世界で勝っていくための基準を生かしていきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ