本文へ移動

拳四朗の世界戦が延期へ 王者がコロナ感染…現在も自宅隔離で療養中【ボクシング】

2021年8月26日 18時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界戦が決まり意気込むWBC・Lフライ級王者の寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道

世界戦が決まり意気込むWBC・Lフライ級王者の寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道

 9月10日に京都市体育館で行われるボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで、同級1位の矢吹正道(29)=緑=の挑戦を受ける王者・寺地拳四朗(29)=BMB=が新型コロナウイルスに感染したことが26日、発表された。BMBの寺地永会長がオンラインで会見し明かした。世界戦は延期される。
 同会長によると、寺地は三迫ジムで練習を行っていたが、同ジムの担当トレーナーである加藤トレーナーが23日に新型コロナウイルスに感染したことが判明。寺地は濃厚接触者として自宅待機していたが、24日に37・5度の発熱と倦怠(けんたい)感があり、25日にはPCR検査で陽性判定が出た。現在も自宅隔離で療養中。この日は熱は36・9度で目立った症状もないという。
 9月10日の世界戦に関しては、保健所の指示を待ってから判断するという。ただ、時間的にも猶予はそれほどなく、寺地会長は「保健所の指示を待っている状態。それから(指示が出て)のスタート。それを考えると難しいかなと」と言い、会見に参加した三迫ジムの三迫貴志会長も「同じ(意見)です」と話し、延期が決まった。
 寺地はここまで18戦全勝(10KO)。現在8度防衛中で、元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高さんの持つ連続防衛13回の日本記録更新を目指している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ