本文へ移動

東京湾LTタチウオ好調キープ! 浦安「岩田屋」から出船

2021年8月26日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
メーター超えのほかヒラメやイシモチもゲットした小4のボク。大型サワラは水面でバラした!

メーター超えのほかヒラメやイシモチもゲットした小4のボク。大型サワラは水面でバラした!

  • メーター超えのほかヒラメやイシモチもゲットした小4のボク。大型サワラは水面でバラした!
 東京湾のタチ兄ぃがお手軽バージョンで好調を継続中! 千葉県浦安の「岩田屋」では浅場で釣れている好機に乗じて本格的に乗合を始動したが、メーター超えも連発して大健闘! 熱いバトルは日頃の憂さを吹き飛ばして爽快そのもの。集え江戸前のドラゴン剣士たち!! (中日釣ペン 竹川啓二)

◆乗合船を開始 水深15〜60メートル

<概況&釣り場> 熱い日差しにギラギラと輝きを増し、強引を楽しませてくれるタチ兄ぃは相変わらず元気いっぱい!
 「以前からリクエストが多かったので乗合船をスタートしました。今なら初チャレンジにも最適ですよ」と話すのは岩田一人(かずひと)船長=写真。浅場のタチウオ釣りはお手軽度も満点。秋のドラゴン祭りに備えての小手調べにもなるだろう。
 釣り場は富津沖から走水沖や観音崎沖一帯など。水深15〜60メートル前後が中心となる。

◆道糸は2号以下 PE1.5号が基本

<タックル&仕掛け> ライトタックルが基本。専用竿のほかゲームロッドなども人気。リールは電動リールが安心だが両軸タイプの手巻きリールでも十分通用する。道糸はPE1・5号が基本。これに30センチ前後の片テンビンにオモリが40・60号。これからは深場も視野に入るので80号も用意できれば万全だ。
 仕掛けは1本針。餌はコノシロかサバの切り身が定番で、3回の縫い刺しが一般的。チョン掛けだと食い逃げが多くなるから気を付けて!

◆深さに関係なく大事な誘い!アワセは本アタリで

<釣り方> 深さに関係なく誘いが大事。指示ダナの下限まで仕掛けを下ろし、ハリス(仕掛け)がなじむのを待ってから誘い開始。大きくシャクるよりも、30〜50センチ程度、小刻みに竿先を動かして上限まで誘い上げた方が兄ぃの食欲をそそるようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ