本文へ移動

J1川崎、ついに… 福岡に敗れ今季初黒星、連続無敗記録30試合でストップ 鬼木監督は「我慢の時」

2021年8月25日 22時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎・鬼木監督

川崎・鬼木監督

◇25日 J1第26節 福岡1-0川崎(ベスト電器スタジアム)
 川崎は福岡に0―1で敗れて今季初黒星。J1最長だった連続無敗記録は30試合で途切れた。敗戦は昨年11月21日の大分戦以来、277日ぶり。
  ◇  ◇  ◇
 家長、車屋は力なくうつむき、小林は眉をつり上げ怒気をにじませた。川崎は今季リーグ26戦目で初めて土が付き、昨季から続く連続無敗も30で止まった。橘田は「決め切れなかった」と逸機を悔やみ、鬼木監督は「我慢の時」と言った。
 面白いようにゴールを量産してきた王者が最近3戦でわずか1得点。新鋭の宮城が前半13、15分の決定機を逃すと、同19、33分には旗手が好機をフイにした。レアンドロダミアンの強烈な左足シュートは相手GKの右足に阻まれ、家長が放った左足シュートは珍しく枠を外れた。
 攻め立て、チャンスもつくった。ただ、最後の一手を欠いた。鬼木監督は「(足りないのは)自信かもしれない。ゴールに対して、勝負に対して、自信を持ってピッチに立たせる作業が必要かなと思う」と話した。
 川崎が敗れたのは、昨年11月21日の大分戦以来、公式戦では実に43試合ぶり。三笘、田中が欧州へ渡り、谷口に加えて旗手も故障離脱した。「悔しいが、次に向けて準備するだけ」と指揮官。独走ムードは急転。2位横浜Mの足音が背中に迫ってきた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ