本文へ移動

平高奈菜が2日目に存在感 逆転し3番手に浮上「頑張ったよ」【蒲郡ボート・SGボートレースメモリアル】

2021年8月25日 22時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
平高奈菜

平高奈菜

◇25日 SG「第67回ボートレースメモリアル」2日目(愛知・蒲郡ボート)
 15度目のSG出場で、昨年の下関大会に続き2度目のメモリアル参戦となる平高奈菜(34)=香川=が2日目に存在感を見せた。5Rは3コースから攻めきれず厳しいレースになったが、2周2Mを先に回った吉川元浩の懐を突いて逆転し3番手に浮上。レース後、原田幸哉から声を掛けられると「頑張ったよ」と声を弾ませ、「SGの3コースは難しいので3着はうれしい」とほおを緩めた。
 今年は12優出4Vながら直前の徳山ヴィーナスシリーズ優勝戦1号艇を5着と取りこぼした。「リズムは良くないんですよ。その前も思ったようなレースができなくて。でもSGでいいレースができて良かったです」と胸を張った。
 パートナーの76号機は3節前のV機で2連対率40%と好素性。「手前に持ってき過ぎてて、もう少し伸びがあった方が良かったのと、つながりが欲しかったんです」と初日4着後にペラ調整。舟足を求めていた状態に近づけたことが好走を呼び込んだ。
 「去年のメモリアルは骨折明けで参加させてもらっただけだけど、今節は頑張ります!」と意気込む。昨年末、浜名湖クイーンズクライマックスを制した女王が晩夏の蒲郡で、気持ちも充実させ男子強豪相手に挑んでいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ