本文へ移動

【福井】新規9人は県外由来 県内感染最多56人

2021年8月26日 05時00分 (8月26日 05時00分更新)
 県は二十五日、新たに十歳未満から八十代の男女五十六人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。一日の感染者数としては今月三日の四十三人を上回り、過去最多となった。 (浅井貴司、川端大智)
 このうち十三人は、クラスター(感染者集団)が発生した越前市の福井村田製作所武生事業所の従業員。二十四日に発表された従業員の陽性を受けて百十四人をPCR検査し、判明した。他に従業員の家族三人の感染も確認され、一連の感染者の累計は百三十四人となった。
 新たな感染経路は十三系統の十六人。このうち、調査中の事例を除く七系統九人の感染は、帰省や県境をまたぐ移動など、県外との関わりに由来するとみられる。
 学校関連では、鯖江高、武生高、足羽高の生徒と、坂井市春江小学校の児童の感染が分かった。いずれも感染拡大のリスクがある期間には登校していない。
 また、関西電力は、高浜原発(高浜町)に勤務する社員一人と、協力会社の従業員二人の感染を発表した。社員は同町の寮に住む五十代の男性で、大阪に帰省していた。協力会社の二人は、京都府舞鶴市在住で県の発表には含まれない。
 日本原子力研究開発機構も、高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

福井の新着

記事一覧